本文へ移動

施設紹介 処理工程

産業廃棄物処理工程

産業廃棄物処理工程

医療廃棄物の最終処理について

当社では、天災・事故等による緊急事態に備える目的と、処理代を安定させるために常に複数の最終処分場を確保しています。
それぞれの最終処分場によって処理方法・リサイクル用途は異なります。
医療廃棄物の最終処理について
 機器類・パソコン処理
機器類・パソコン処理

手選別による解体

多様化するツールの情報データを確実に抹消するために、ひとつひとつ人の手によって完全に分解します。
手選別による解体

アルカリ蓄電池処理

使用済みアルカリ蓄電池処理

使用済みアルカリ蓄電池には腐食性廃アルカリ(強アルカリ)液が
入っていますので許可のある業者に出してください。

処理フロ-
(1)腐食性廃アルカリ液を抜き取りph計で残液の測定をします。
  ph値は13前後なので腐食性廃アルカリ(強アルカリ)として
  中和処理します。



(2)金属部分は取り外してリサイクルします。

(3)最後に残ったプラスティック部分は洗浄し破砕し処理します。
  洗浄した液も中和し適正に処理します。
 個人情報(カルテ等)処理
個人情報(カルテ等)処理使用車両
使用車両
回収・運搬の際には、万が一の飛散を防ぐために当社所有の保冷車を使います。量が多い場合は、パッカー車を用意します。
 
計量した後、セキュリティ機能を完備した古紙再生業事業所に持ち込み、当社社員立会いのもと破砕します。
その後、圧縮梱包した状態で製紙メーカーにて溶解。製紙原料としてリサイクルします。
破砕後の機密書類
破砕後の機密書類
製紙原料
製紙原料
再生紙へ
再生紙へ
車両重量計
車両重量計

廃液処理工程

廃液処理工程

廃液の最終処理について

当社は、上記医療廃棄物と同様の理由で、常に複数の最終処分場の確保に努めています。
廃液の最終処理について
 中間処理
銀のリサイクル
 銀のリサイクル

銀は大切な資源です。
電気分解で銀をとり、フィルムメーカーなどで再生されます。

銀のリサイクル
電気分解によってとれた粗銀です。
廃液漏洩・浸透防止ピット設置
 安全対策

万が一廃液タンクが転倒しても、全タンクの容量を上回る60m3の廃液漏洩・浸透防止ピットを設置しています。
床にも特殊加工を施しているため、廃液の地下への浸透流出を防げます。

保有車両一覧

全トラック荷台には、廃液漏洩防止のためのステンレス製皿を設置。
万が一地面への漏洩にも対処できるように、すべての車両に廃酸・廃アルカリ吸着マットを搭載してあります。保冷車の廃油専用吸着マットには、消火器を含む緊急備品も装備しました。

従来の廃液・医療廃棄物だけでなく、様々な混合廃棄物に対応します。
7.5t 脱着装置付コンテナ車
営業車トヨタbz4x
100% 自家発電エネルギー走行)
2.8t 保冷車1
脱着装置付コンテナ車
(コンテナ搭載時)
廃棄物別に付け替えます
廃棄物別に付け替えます
13t 冷蔵冷凍車
13t 冷蔵冷凍車
 6.6t ヒアブ付コンテナ脱着車
6.6t ヒアブ付コンテナ脱着車
2.6t 保冷車2
2.8t バン
3t 保冷車3
3t 保冷車3
2.9t 保冷車4
2.9t 保冷車4
13t 冷蔵冷凍車
13t 冷蔵冷凍車

設備紹介

      銅線カッター
       切断機
      銅ナゲット機
       破砕機
太陽光パネル
アルミ枠自動除去装置

太陽光パネル処理装置
元素分析デジタルマイクロスコープ
      元素分析画面
       分析物例
  元素分析(多点分析結果)
  元素分析画面(異物分析結果)
  元素分析画面(多層分析結果)
有限会社水谷ケミカル
〒490-1435
愛知県海部郡飛島村梅之郷字東梅26番地31


TEL.0567-56-0777
FAX.0567-55-0277

国際規格 ISO14001
(環境マネジメントシステム)認証
0
4
1
9
5
4
TOPへ戻る